動物病院のご飯。お安く買えます    

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして・・・・

2016年09月24日 01:03

みち子の日記を書いたのは
8月31日・・・だったか?

本当はもう・・・しゅう太郎ともお別れをしていた

思い返せば・・・
みっちゃんと同じくらいの時期に
缶詰にもあまり興味を示さなくなった
勿論・・・食べるのだけどね

みっちゃんは半分くらい残して、暫くあとにカリカリを食べる
残した缶詰は小太郎が食べちゃう

しゅうちゃんは・・・・全部食べる事もあるし残すこともあった
もともと好き嫌いが割とはっきりしていた子だったから
やっぱり、これはあんまり好きじゃなかったねぇ・・・なんて
のんびりした事思ってた

で・・・・いつの頃からか
体にオデキ・・・みたいなものができていた
『なんだろう・・・?最近(家庭の事情で)安い缶詰ばかりあげていたから?』
アレルギーでも出たんだろうか?

国産缶詰を実は私はあまり信用していない
原材料も、書きたいものだけかけばいい・・・らしい日本
動物先進国のドイツとかカナダとか・・・・他の国々では
全部表記しなくてはいけない。
人間が食べられるものしか使用してはいけない

以前、猫医者に言われたのは
「食いつきをよくするなんて簡単!またまびとか匂いをつければいいだけ」

娘の飼い猫のちっちも仔猫の頃体中に出来物ができて
それは多分。質の悪いフードでアレルギーを起こしたのではないか?の診断だった
フードを変えたらそれらは引いていったから・・・そうだったんだろう

なのでしゅうちゃんも『質の悪いフード』のせいかと・・・・
以前食べさせていたちょっとお高い外国産の缶詰を買って食べさせるようにした
最初は結構食べていたけど
それすら残すようになり・・・・それでもカリカリは結構食べていたので
あまり心配はしていなかった

8月に入ってブツブツが増えてきた・・・
一か所「舐めハゲ」状態になって・・・・さすがにこれはおかしいかもと
以前言っていた医者とは別の・・・獣医さんへ連れて行った

以前の病院が悪い・・・わけではない
実は私の状態のせい
今年の4月から義両親の世話が一気に増えた
義母の呆けもどんどん進行しえいくし
義父も一時、自分でトイレに行けなくて(ボチボチ歩けるけど)
オムツ交換・・・しかも下痢・・・・

孫の幼稚園の送り迎え→家の前に園バスがくるのだけど
ママが行きも帰りも間に合わないので必然的にそれは私の役目に
帰ってきて2時間くらいは我が家にご滞在
夏休みはほぼ一日中

猫さんたちにかまえなくなってくる
ブラッシングだって去年の半分もできたか?
掃除だって毎日できない
疲れ果ててしまうから・・・・アタシ
アタシもやっぱり、歳をとるわけで、体力がついていかない

そんなこんなで精神的にかなり落ちていた状態で
「どうしてこんなになるまでほっといたの?!」って言われそうで・・・
一番近くの獣医さんへ連れて行った
穏やかな先生で

最近ストレス感じることがあったかな?→まず孫だわねぇ・・・
それならいいけど・・・猫肥満細胞腫ってのもあってね・・・
色々お話ししてくれた
精密検査に細胞を出して結果は五日後くらい

8月15日に連れて行って
結果が分かったのが5日後だったかな
「皮膚肥満細胞腫」
抗がん剤治療もあります。と言われたけど
それはきっと、しゅうちゃんには辛い・・・・だろう
高齢(13歳)だしこのままゆっくりと、生きてくれたらいい

それからだんだん食べなくなって、吐くばかり
脱水状態になってしまうので
輸液と吐き気を止める注射をしてもらったのが23日
持ち直して水も飲めるようになった
ご飯もほんの少し私の手から食べた
このままゆっくり回復してくれると思っていた

26日の夜。
母親の仕事で泊りに来ていた孫と猫にご飯をあげようね・・・と
2階に上がっていったら
廊下に出てきたしゅうちゃんが吐いて・・・吐きたいけど吐けない・・・?
いきなり倒れてしまって、呼吸が荒くなり
深く息を吸い込んで・・・苦しそうに呼吸する・・・2回ほど
苦し気に鳴いて?吠えて?

倒れて10分経ったかたたないか・・・で
しゅうちゃんも虹の橋を渡ってしまいました

まさか・・・まさか・・・
15日に連れて行って急に悪くなった気もする
それまでは何とか食べてたし・・・でも・・・吐いていたなぁ
しゅうちゃんがいなくなって
絨毯のシミがなくなった
小太郎と・・・・どっちが吐いていたんだろう?って思っていたけど
全部しゅうちゃんだった
半分は小太郎・・・・って思いこもうとしていたのかもしれない

思うように生きられたかな・・・・しゅうちゃん
最後は苦しかった・・・?
長引かせることなく送れたかな・・・?

凛太郎やみち子みたいに
あっという間・・・ではなかったし
初めて目の前で見送って・・・・

毎日の生活は
淡々と過ぎてゆくので
気持ちの整理・・・というか考えることができなかった

爺婆には何の関係もないから、可哀想だねとはいうけど
それだけ。婆に至っては記憶にすら残らないわけで
自分勝手な年寄の毎日をなんで私が・・・?と思いながら
ずっと続いていくんだろう

若い3匹はともかく
小太郎・・・・もう少し私のそばにいてね

1-IMG_1313.jpg
スポンサーサイト

みっちゃんとのお別れ

2016年08月31日 15:16

今回も突然のお別れでした
本当はもっと早く書かなくちゃ・・・と思っていたんだけど
PCの前に座る・・・と言うことが中々できなくて

我が家の猫たちも高齢になってきたので
お別れはある程度の覚悟はしていたつもり

小太郎は元気だけど食べても食べても→食い呆けか?と思うほど
太らない。かといって吐き戻しもほぼしない
どこか内臓が悪いんだろうなぁ?とは思っている
でも、多分医者に連れて行ったらもっと悪くなりそう
ストレスに弱いコタちゃんなので
元気なうちはいいか・・・と思っている

8月で15歳になるみち子も
最近ちょっと毛艶が悪くなってきたかな?
毛割れ?が目立つようになったきがしてた
上にジャンプするのは軽くできるけど
降りるときにちょっと後ろ足がヘタってなるので
なるべく階段状にお気に入りの場所にたどり着けるようにしていた

6月23日の夜・・・・20時半ごろ
ご飯を上げるために2階に上がった
「ごはん!ごはん~!!」といつもうるさいのは
小太郎とチッチとくーちゃん

しゅうちゃんもみち子さんも
「え?ごはん・・・?まだいいけど~?」って
毎回そんな感じだった

それでも寝ている体を持ち上げてこっちを見ていた
珍しくみっちゃん寝たまま。こっちも見ない
「どうしたの?眠い?」
猫ベッドで寝ているみっちゃんを触ると…冷たい

え???どうして??

15時過ぎに見たときは同じ場所で
寝ていたけど動いていた

凛太郎と同じ?心臓が突然止まっちゃったの?
凛ちゃんの時はしゅうと一緒にいたから
しゅうが娘を呼びに来て・・・まだ温かだった
みっちゃんは寝ている間に・・・一人で旅立ってしまった

誰にも心配かけず
(多分)苦しまず
世話もかけずに
あっという間に・・・・・

私も常々こうありたいと思う逝き方
高齢猫さんたちだから
ある程度の覚悟はしていたけど
まさかみっちゃんが・・・・こんなに急に・・・

翌日、爺婆もディの日だったので
午前中に凛ちゃん、奈々ちゃんがいるお寺さんに連れて行った

ごめんね
最近はあんまりかまってあげられなくて
私も年を取ったせいか?爺婆との精神的戦い(?)に疲れるせいか
充分に相手をしてあげられなかった

でも
残していくより
全員ちゃんと見送る方がずっといい
かーちゃん・・・もう少し頑張るっ

1-IMG_1152.jpg


困ったしゅうちゃん

2016年03月21日 23:47

しゅうたろうのオネショはまぁ・・・あきらめている

気に入らないとわざとしているみたいだし
それでも今までは布団の上が多かったので
私のベッドは「オネショシーツ」でガードしている

ちっとも部屋に帰ってこない!
お腹すいたのに知らん顔してるっ!
等々・・・・だと・・・多分

最近は所かまわず・・・って感じでチッコひっかけるようになった
・・・・呆けるにはまだ早いんじゃない?
若年性・・・・ってことはあるまい

最近多いのは
私の部屋のテレビ台
気づいた時はカリカリに乾いていたから
かなり前だったらしい→におい・・・したはずなんだけどね
乾くと気づかない・・・のかしら
それとも人間(爺)のアンモニア臭に私の鼻がやられているのかしらん?

しっかり拭いて、臭い消しスプレーもふりかけて・・・も
先日は目の前でやられた…( ノД`)シクシク…

あとは以前娘たちが居候?していた部屋に置いてある椅子
ビニールを被せておいた扇風機
壊れて置きっぱなしにしてあったプリンター

半分物置部屋状態になってるけど
小町がこの部屋にいるし猫トイレも2個も置いてあるのに
なんで~??

でもって
一番ショック!!だったのは
今年に入ってから2回も!!
私に・・・それも『顔』に・・・・(´;ω;`)ウゥゥ
一回目は寝ている時
体の上に乗ってきて半分(以上)寝ぼけ眼で
ダレ~?しゅうちゃん・・・??って言ってるうちに
シャ・・・・-うわっ!と飛び起きたら逃げていく茶トラねこ・・・

二回目はベッドに寝転んでいた時
乗ってきた。お尻を私の顔に向けて
「ん?」って思っていると
またまた・・・・・(´;ω;`)ウゥゥ

もうね、さすがに三度目は経験したくないので
しゅうが近くに来たときはすぐに起き上がって
「どうした??」と声をかけてお尻ポンポン→最近これが好きだなぁ

何かを言いたいんだろうけど
頼むからもう少し他の方法で・・・・してくれないかな

1-P1140372.jpg

老猫?

2016年03月09日 12:02

IMG_1783.jpg
ここへ引っ越した頃のみっちゃん。5年くらい前かな?

我が家の猫さんず
最年長のみち子さんが今年の夏で15歳
小太郎14歳、しゅうたろう13歳
ここの庭で保護したくーちゃん(くるみ)が6歳になるのなかぁ?

人の年齢に換算すると・・・?
みっちゃんが76歳で・・・・?小太郎72歳
しゅうちゃん68歳…くーちゃんは40歳になるのかな?

ま・・・一年で4歳歳をとる計算らしいから
3か月で1歳…ですか

人の76歳はまだまだ若い
ネコさんは・・・どうなんだろう
みっちゃんはマイペースで食べて寝て甘えて・・・
毛艶もいいし元気。ただ高いところから飛び降りるときに
ちょっと後ろ足がふらつくかな?ちゃんと着地できない時がある

何年か前に急に後ろ足に力が入らなくなって
慌てて猫医者に行ったことがあったなぁ
結局・・・なんだったっけ?

階段をもう一度見直して
高いところへ楽に行けるようにしなくちゃね

最近は孫と爺婆に手がかかって
ネコさんに集中できてない
ご飯を上げればいいってもんじゃないからね

mitiko
何年か前のみち子さん
多分マンション時代10年くらい前か?
若いねぇ

悪口大会

2016年02月29日 13:06

雨が降ったりやんだりで
買い物にいくタイミングを逃した

で・・・大人しく?2階でネコさんたちのトイレの掃除と化していたら
下から爺&婆の私に対する悪口大会が始まった

婆の声はあまり聞こえないのだけど、爺の声は無駄にでかいので丸聞こえ
怒鳴り散らすような大声で話す

で・・・内容は
「あれ(私のことです)はきつい」
「確かにきつい」→婆
「偉そうなことばかり言う」
「?そうかな・・・?よくわからないけど言い方はきつい」

ま・・・・爺は私にドンピシャなことを言われるから面白くない
私も意地悪なんだけどね(笑)

2~3日前、酒の飲みすぎか朝ごはんも食べずに爺は寝ていた
途中でトイレに行ったので(利尿剤飲んでるから近い)
私の顔は見ているし話そうと思えばできる
でも、お互いに無視

そのまま寝てしまった模様
私は午前中だけ休日出勤の娘を孫ちゃんと待っていた
終わり次第一緒に出掛けようと思っていたので
2人の昼食はいつものように爺が作る・・・か買い物にいくか・・と思っていた
思ったより娘の帰りが遅くなったので
お腹を空かせた孫ちゃんと婆の分の昼食を簡単に用意した

で、婆さんに「お昼ご飯できたよ」と声をかけたら
なんとっ!爺が「はーい・・とか返事して出てくるではないか??」

当然。私は「は??」
「爺さん食べるの?前に昼食食べるなら前もって言ってくださいって言ったよね?
婆さんは一人じゃ用意できないから婆さんだけなら言われなくても私が用意するとも」

当然のように私が用意すると思っていたらしい爺→やっぱり呆けてんな~
そこでプチバトル
それが気に入らなくてそのことを本日婆さんにぶちぶち言って
私の悪口を言いたい放題!!
婆さんは「嫁さんは・・・・」
「買い物に行くって言ったからおらん」
そんなこと今日は一言も言ってませんがね

いつでも出てけばいいんだっ!だって
ふーん・・・・呆けた婆さんの面倒を全部見るらしい
あ・・・1時間千円で・・・とか言っていたからヘルパーさんでも頼むつもりか?
でも、二人分見てくれないよね
2人分なら倍のお値段じゃないのかしら?

私だって出ていけるもんなら出ていきたいわ~
ネックはネコさん6匹・・・なんですよね
娘が「一軒家で猫さん犬さんいらっしゃ~い!って物件があったよ。」と言っていたっけ
そこに引っ越すか??
考える価値はありそう

IMG_0171.jpg
IMG_0175.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。