動物病院のご飯。お安く買えます    

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うわ・・・

2012年05月16日 10:32

今朝から聞こえる・・・

聞きたくない「あの声」

か細い?みゃぁ…ナァ・・・

( ̄△ ̄) !!
聞こえてない、聞こえない~!

くーちゃんの時と同じ
きっと野良猫母さんがお散歩に連れ出しているだけ

あの時は思わず捕獲してしまったけど
2年経った今でも抱っこできないし
シャーッって言うし・・・(ノ_・。)

それでも、最近はなんとなく?傍に来るようになったし
機嫌がいいと(多分)ブラッシングもさせてくれる
・・・しつこいと逃げるし、抱っこはさせてくれないけど

ここまで2年・・・

くーちゃんのママは時々見るけど
お腹が大きいって感じはしなかったし
最近見た感じでもちょっとふっくら加減は以前と同じ

くーちゃんのパパ疑惑のご近所のボス猫?の姿を
最近見ない
そのかわりに「マロ」と名付けた白猫(ちょっぴり黒あり)が
のっしのっしと付近を闊歩している
こいつがまた真ん丸で・・・多分♂

( ̄~ ̄;) ウーン
こいつが新しく父親になっているのか?

あえて、無理に(くーちゃんの時みたいに)捕獲はしない
弱って目の前に現れたら・・・・

でも、多分・・・預かってくれる人がいると思うので・・・
勝手に決めているけど・・・
その時は、無視せずに・・・保護します

元気で育ってくれ~!
でもって餌あげてる人!
避妊してくださいっ!!
スポンサーサイト

仔猫再び・・・??

2011年09月10日 22:27

昨夜・・・・というより
夜明けに近い時間・・・かな

突然聞こえた仔猫の声

去年のくーちゃんたちみたいな

クーちゃんたちはもっと早かったよね
確か8月に声が聞こえたきがする
9月に猫医者に連れて行ったときに「2か月」と言われたし

だから・・・というわけでもないけど
今年はないと、思っていた

今夜も時々聞こえてくるし・・・
また、野良母さんが仔猫たちを引き連れて
ご近所廻りしているのか?

『ここを通って、餌をくれる家に行くのよ・・・』
『ここの家は要注意よ!あんたたちの姉ちゃんがここで捕まったからね』

そうそう・・・きちんと教えておいてね
ここの家には近づいてはいけないと!!

ワタシは決めたんです
目の前に投げ出された命は、救おうと
でも、無理して捕まえて・・・まではやらないことに
それは私のキャパを超えてしまうから

これから、老両親の介護に向かっていくのだし
今年は娘が赤ん坊を連れて1か月滞在するし
なにより、今いる我が家の猫さんたちに対してのストレスを考えると
ワタシには捕獲保護はできない

今、仔猫が我が家に来たら・・・小太郎はどうなってしまうのか?
去年のくーちゃんだって
保護しなかったら、凜太郎はもっと長生きしたんじゃないか・・・って
何度も考えてしまう
どうしてあの時、キャリーの扉を開けて
くーちゃんを外に出してやらなかったのか・・・と

安全で飢えることはないけど
相手にしてくれるのはシュウだけの生活
ヒトには決して心を開かないし・・・
くーちゃんを見ていると楽しそう・・・って思えないものね


まぁ・・・今更、悩んだって考えたってどうしようもないけど
とにかく・・・これ以上増やせない

仔猫の声も聞きたくない・・聞くと悩んでしまうから
なんと気の小さい性格
なんて自分勝手な思い

なにもしてあげられない自分に腹が立つだけだもの

夫の両親を見送ったら
引っ越したい理由のひとつ

庭なんてなくていい
マンションの8階以上(前が8階だったから)に引越す予定
それがいつになるかは・・・神のみぞ知る


秋の虫の声に混じって聞こえる仔猫の声

「かーちゃん!どこへ行っちゃったの?」って野良母さんを呼ぶ声
頼むから、ちゃんと責任もって仔猫の引率してくださいな

その前に!
餌をあげている誰かさん
避妊をしてあげてください。
お願いします

里親様決定

2010年12月25日 23:25

午前中に猫の病院から電話がありました

「ミケちゃん、里親さん決まりましたよ~♪」
「そうですか??よかった~!」

昨日ワタシが会いに行ったのが夕方5時前
その後電話でお話をしてくれて
早速見に来てくれたそうです

「一目見て、即決(^^)v」

よかった~!!

「まだ2~3日入院だから、すぐに引き渡しじゃないけどね。」

クリスマスのプレゼントかな
ヾ(>▽<)ゞ ウレシイ♪

mu

2008年に保護したmoo(むー)ちゃん
ピアノの生徒さんのお家に行きました

bebe
2009年に保護しbebeちゃん
BMWのエンジンルームから奇跡の生還をした運の強い猫ちゃんです
ネコジで里親様決まりました。

gen

2010年岐阜で保護された源五郎。
仕事先の社長に無理やり?渡されてそのまま娘の所の長ニャンに

kma
同じ頃、愛知県知立で生まれてすぐの状態で捨てられ、保護された小町
源五郎の相棒として娘の所へ

genkoma
すぐに仲良しになった、源&小町


P1160325.jpg

季節外れに現れたミケちゃん。
一番状態が悪かったけど、素敵な里親さんに巡り合えました

おっと・・・忘れちゃいけない
我が家のくるみさん(笑)
2010_09_24_9999_64.jpg
可愛い顔してるのに・・・触らせてくれなくて・・・里親さん諦めました

2010_11_19_9999_11.jpg

黒猫さんの写真は難しい・・・・

P1160026.jpg

どうやった可愛く撮れるのか・・・これからの課題・・・かな

願わくば、これ以上出会いたくありません( ̄ー ̄;
でもさ・・・ここに住んでいる限り・・・無理かも・・・はぁ

みんな幸せにな~れ!

ミケちゃんの写真

2010年12月24日 20:26

写真を撮ってきました

目が大きくなっていた!!(笑)
保護した時は「ちっちゃい目だなぁ」って思ったのよね
その目が、凛太郎の小さい頃に似ていたんだけど

P1160325.jpg

「ここにきて、ケージに入れたでしょ。暖かいからそのまま爆睡してたのよ。
死んじゃったんじゃないかしら?って思うくらい。」

捕まらなかった一晩
寒かったし、お腹も空いたし・・・・眠れなかったんだね
病院は空調バッチリで暖かいから、安心して眠れたんだね・・・(´_`。)


「ご飯をあげるのに起こすのが可哀想そうなくらいに寝ていたんだよ。
ご飯に気がつくと『あっ!ご飯だ!!』ってがっついていたけどね(笑)」

出来れば見つけた日に保護してあげたかったけど
逃げ足も速かったし・・・・
でも、敷地内から逃げずにいてくれた

P1160380.jpg

横顔もプリティ♪

カメラを持った怪しいおばちゃん→ワタシ
逃げ腰なので、中々上手く撮れません

ケージでは暗いだろうから・・・と
診察室に連れてきてくれたんだけどね

P1160368.jpg

全体の写真。
尻尾はまっすぐ・・・・かな

可愛い・・・・くーちゃんより可愛いかも・・・おっと・・・

くーちゃん・・・中々心を開いてくれません
いつになったら仲良しになれるんだろうか?

おまけにもう一枚

今回、ミケちゃんの預かりを申しでて下さった
ねこまんまさんが保護して
友人のお家の仔になった「きららちゃん」→男の仔です

P1160289.jpg

この仔も美形にゃんですねぇ

里親さんの件は
連絡がまだつかなくて(仕事かな)
お話は進んでいません。

3匹飼っていたのだけど
相次いで2匹が(老衰で?)亡くなって
やぱり1匹では淋しいから・・・と言うことだそうです

人間性に問題はないし、昔からのお付き合いだし(先生が)
後は、お見合いをして気に入ってくれるかどうか?
やっぱり暫くは1匹でいい・・・と思っているかどうか・・・です

なので
ワタシも気を引き締めて、里親募集をかけるつもりで・・・行動します
2~3日中に返事がくると思うので

最悪・・・の事を考えなくちゃね

三毛仔猫その後

2010年12月22日 23:32

チビさんが退院してきたら
どうしょう・・・?とに悩んでいた

隔離する部屋がない。

くーちゃんを隔離していた部屋には
暖房がない
我が家の2階は非常に寒いので・・・

隣の叔母さん(義母の妹)は「2~3日ならいいよ」って言ってたけど
1か月くらいかかりそう・・・・

悩んでいた時に
ネットで知り合った、猫繋がりの友人が
「最近仔猫がいなくて淋しいから、よかったら預かりますよ」って申し出てくれた!

仔猫を保護しては里子に出していらっしゃるベテランさんだけど
「淋しい」って言うのはきっと、私が預けやすいように言ってくれたのだと思う
でも、本当に嬉しくて気分が一気に軽くなった!

夫とはその後、仔猫の話は一度もしていない
あちらも聞かないから、私も言わない(笑)
喧嘩している訳じゃありませんよ・・・念のため

で・・・いつ頃退院できるのか
様子を聞くために、電話して聞いた

「元気ですよ~♪随分良くなったし。
スリゴロのベタベタになりましたよ(^_^)v」

おお!それなら里親さん、見つけるのは楽勝?

「たまさん、あの子本当に里親さん探していいの?」

「はい。お願いします」

「実はね、あのあと仔猫を探している人がいたんだけど、奈々ちゃんと同じ色だって言ってたでしょ?
だからそのまま家で飼うってことになるかも?って話は進めてないんだわ~」

「そうなんですか??是非進めて下さい。家では飼えないんです。病院の紹介だったら間違いないし」

里親さんを探すのに一番神経を使うのが「里親詐欺」
知らない相手を信用するってことが
本当に難しい。自分の事ならいざ知らず
仔猫の命がかかっているのだから・・・

「うん。ウチは信用できない所へは出さないし、大抵前に飼っていた猫ちゃんが亡くなって
もう一度飼いたいって言う人が多いから、安心だよ」

願ってもないお話です

「じゃぁ、このままここから里子に出してもいい?」

「勿論です。あ・・・でも、写真を撮りたいので・・・いいですか?」

「モチロン!いつでも撮りに来て~。話が決まったら電話するしね!」


とんとん拍子で話が決まりそう・・・
いやいや・・・まだわかりません・・・

でもっ
可愛い仔だし、スリゴロちゃんだし・・・あの子が気に入らなかったら
どの仔が気に入るのか・・?なんちゃって・・・保護母バカ・・・?

お見合いして気に入ってもらえたら
そのままお嫁入り・・・になるかも

無事に決まってくれますようにっ!!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。