動物病院のご飯。お安く買えます    

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みっちゃんとのお別れ

2016年08月31日 15:16

今回も突然のお別れでした
本当はもっと早く書かなくちゃ・・・と思っていたんだけど
PCの前に座る・・・と言うことが中々できなくて

我が家の猫たちも高齢になってきたので
お別れはある程度の覚悟はしていたつもり

小太郎は元気だけど食べても食べても→食い呆けか?と思うほど
太らない。かといって吐き戻しもほぼしない
どこか内臓が悪いんだろうなぁ?とは思っている
でも、多分医者に連れて行ったらもっと悪くなりそう
ストレスに弱いコタちゃんなので
元気なうちはいいか・・・と思っている

8月で15歳になるみち子も
最近ちょっと毛艶が悪くなってきたかな?
毛割れ?が目立つようになったきがしてた
上にジャンプするのは軽くできるけど
降りるときにちょっと後ろ足がヘタってなるので
なるべく階段状にお気に入りの場所にたどり着けるようにしていた

6月23日の夜・・・・20時半ごろ
ご飯を上げるために2階に上がった
「ごはん!ごはん~!!」といつもうるさいのは
小太郎とチッチとくーちゃん

しゅうちゃんもみち子さんも
「え?ごはん・・・?まだいいけど~?」って
毎回そんな感じだった

それでも寝ている体を持ち上げてこっちを見ていた
珍しくみっちゃん寝たまま。こっちも見ない
「どうしたの?眠い?」
猫ベッドで寝ているみっちゃんを触ると…冷たい

え???どうして??

15時過ぎに見たときは同じ場所で
寝ていたけど動いていた

凛太郎と同じ?心臓が突然止まっちゃったの?
凛ちゃんの時はしゅうと一緒にいたから
しゅうが娘を呼びに来て・・・まだ温かだった
みっちゃんは寝ている間に・・・一人で旅立ってしまった

誰にも心配かけず
(多分)苦しまず
世話もかけずに
あっという間に・・・・・

私も常々こうありたいと思う逝き方
高齢猫さんたちだから
ある程度の覚悟はしていたけど
まさかみっちゃんが・・・・こんなに急に・・・

翌日、爺婆もディの日だったので
午前中に凛ちゃん、奈々ちゃんがいるお寺さんに連れて行った

ごめんね
最近はあんまりかまってあげられなくて
私も年を取ったせいか?爺婆との精神的戦い(?)に疲れるせいか
充分に相手をしてあげられなかった

でも
残していくより
全員ちゃんと見送る方がずっといい
かーちゃん・・・もう少し頑張るっ

1-IMG_1152.jpg


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。