動物病院のご飯。お安く買えます    

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもの可能性

2006年11月22日 00:07

30年近く(以上かな)子どもたちにピアノを教えているわけだけど
教えるスタイルがどんどん変化している・・・・私

ずっと変わらない指導が出来る先生は凄いと思うわ
私には無理だわね。
音大生の頃は・・・・とにかく自分が教えられたとおりに子どもたちに教えていたんじゃないかな?
自分が練習した教材を使ってそのまま・・・
いわゆる『バイエル』『ハノン』『ツェルニー』
なぜか途中でエレクトーンなんかも教えていたな~~

時代と共に子どもたちも変化している
「頭の良い子」は何を教えてもちゃんとついてくる
幼稚園の頃からおおよその見当はついてしまう
『この子は賢い』
理解力の早い子どもはやっぱり賢い。
こちらの言うことをさっさと理解してくれる子どもは・・・楽だわ。
昔は子どもたちもおとなしかった?から素直についてきてくれた
最近は・・・・(- .-)ヾ ・・・結構自己主張してくれるからな~

私も無理やり弾かせることはしないから(だから子どもに甘くみられるのか?)
子どものやりたい曲を選ばせる。
弾くのが嫌いな子は歌を・・・・
どうせならお互い楽しんでやりたいもんね~~
きっとお母さんは不完全燃焼起こすだろうけど(笑)
まぁ、熱心なお母さんならさっさと家を辞めて他にかわるか・・・

来週5回目だからお休みね♪といったら
「え~??そんなのやだ~ピアノ休みたくなぁい!!」
なぁんていいこ・・・?(笑)
そんなこと言う子ばかりじゃないけど・・・そう言ってくれると
私も嬉しいわ。
と遊ぶために来る子もいるけどね・・・。
『今日、誰もいないっ!!どこ行っちゃったの~~!!?』
なんちゃって・・・全員お昼ねちうなんです。
ごめんね~~
最後の生徒さんの頃にはわらわら集まってくるけど・・
「そろそろご飯の時間だにゃ~はよ帰れ~」って(笑)
pia
はい♪チーズ!!コタちゃん笑って~!
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yumeokiba.blog18.fc2.com/tb.php/224-6e63f625
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。