動物病院のご飯。お安く買えます    

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の曲集

2007年01月22日 22:45

昔と比べると楽譜の種類の多いこと(何十年も経ったのだからあたり前か)
私の子どもの頃は「バイエル」があたり前だったと思う
その後はチェルニーのシリーズ。
曲集としてブルクミューラーとかね

それが最近特に増えた気がする
先生の仕事をするようになって
メトードローズとかバーナムとかがあることに気付いた(笑)
自分で楽譜を探すようになってからだよな~
最近はギロックの周辺?作曲家の本を使うことが多いかな?
リズムがいろいろあって面白いもん(私自身弾いていて面白い)

古典的なアレンジもあるし、バロック風、ラグタイム、スウィング、バラード・・・
アメリカ風、アジア的なんて感じのもあるし
1人の作曲家のシリーズだけでは飽きてしまう子どもたち
テクニックを極めるわけでもない『のいるピアノ教室』に来る子どもたちは特にそうなのか?
他に習い事が多くて毎日練習しないであろう子どもたち・・・
いかに自分から『弾いてみたい!』と思う曲を選ぶか・・・難しいんだから~本と
お気楽先生みたいだけどこれでも結構気を使ってるんだよ~
いろんな本の中から1曲、2曲だけ使うことも多いからコピー取って渡したり
そのためにコピー機能付のプリンター買ったんだもん→( ̄o ̄) え?いまじゃあたり前ってか?

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ・鍵盤楽器へ  結構苦労している私に1票(笑)

スポンサーサイト


コメント

  1. だやん | URL | -

    夏の発表会(とても質素です)で ギロックの曲、多かったです。
    聴きばえする、って感じで、子どもの中でも 評判がいいみたいです。
    (学校で「あなたは発表会、何弾くの~」と言う会話とオルガン披露会が。。。)
    ・・・そんな中で 娘の曲は 「クレメンティのソナチネ」。
    バッチリな 選曲なのですが、(娘の個性が おわかりかと・・・笑)
    子供には 「題名がない」のが かなり不評のようで。。。
    去年の発表会で、ブルグミュラーの25作品 を たくさん取り入れたら、
    「先生、私のは 誰のより上?下?」という質問が多かったと 苦笑されてました。
    教材も然りですが、先生の苦労が しのばれます・・・。

  2. たま | URL | -

    そうそうっ!
    発表会の曲選びには苦労します
    本人の希望、親の希望それらを踏まえて実力に沿った・・・
    曲名がないとがっかり?
    私は作品番号のついた曲が好きだったわ(笑)
    ソナチネ 作品○番  (作曲)クレメンティ・・・ってなんか難しそうな感じしない?(笑)

    猫も人間もやっぱり『女』が賢い!(笑)

  3. だやん | URL | -

    題名を お友達に言った時の 反応が悪いのが 不服みたいで・・・(笑)
    メジャーな クラッシック(?)に 興味がいってしまうみたいです。
    ・・・でも、有名な曲は 間違ったら、みんな 気づくよ?
    娘「・・・そ、そうか。そこんとこ 気づかなかった~。」

    確か 娘は 女ですが・・・・やっぱり おばかちゃんです。(笑)

  4. たま | URL | -

    誰もが知っている曲はかえって難しいね
    誰も知らなくてかっこいい?曲
    なかなかないのよね~(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumeokiba.blog18.fc2.com/tb.php/273-96483ad9
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。