動物病院のご飯。お安く買えます    

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出会いと別れと

2009年10月21日 20:26

19日の午前中
隣接する駐車場でぐったりとした仔を見つけた

一瞬・・・悩んだ・・・けど
このまま見捨てることはできない

だって・・・凛太郎そっくりの茶白の虎
絶対に助けたい

缶詰をもって出直して
「おいで、病院に行こう?」と誘っても・・・来るはずもなく
足を引きずって逃げるだけ

足・・・折れてるかも?左の後ろ足
車の下に入り込んで手を伸ばしても逃げる
必死で逃げる
缶詰に見向きもしない
いなくなれば食べるかな・・・?と
その後2度様子を見に行っても
場所を移動して食べてない・・・日向ぼっこしている?

生憎午後からは学校の仕事なので18時過ぎまでは帰れない
帰った頃はもう辺りは真っ暗
駐車場も暗くてなにも見えない

せめて缶詰食べてくれていますように
明日の朝・・・・絶対に保護して病院に連れて行こう

20日の朝
駐車場に仔の姿は見えない
昨日の缶詰をカラスがつついていた・・・・
車の下を覗き込むと・・・・いた・・・・目を見開いて・・・ぁぁ

間に合わなかった・・・・ごめん・・・ごめん・・・ごめん・・・・

抱いて帰るはずのタオルに仔を包んで家に帰った
凛太郎たちもいるので家の中には入れられない
それは何度か仔保護するうちにの先生に教えてもらったこと

感染症があるかもしれない

そう思ってあらかじめキャリーを玄関先に出しておいたのに
使うこと・・・なかった

午前の仕事が終わってから
奈々ちゃんの眠るお寺へ連れて行った
地下鉄に乗ってテクテク歩いて

「野良ちゃんならば無名供養もできますよ」と言われたけど
名前もないなんて・・・あまりにも可哀想
最後に私を呼んだのはせめて名前を付けてほしかったから・・・?
あれこれ悩んで

茶太郎・・・女の子だったら怒るかな(性別がわからない)
マロン・・・ってなんかイメージ違うし
茶色の仔だから茶子・・・・もチガウ

日本の猫の代表的な名前で・・・・我が家に縁のある名前
たまに決定

お経をあげてもらって
お線香あげて・・・・夕方、お空に還っていったとお寺から連絡がありました。

今度こそ・・・我が家の6番目の猫になるかと・・・思っていたんだけどな
凛太郎に本当によく似ていた
白の入り方・・・並んだところを上からみたらきっと
凛太郎、みっちゃん、シュウ太郎と区別がつかないだろうなぁ・・・と思うくらい
色も同じ

手当たり次第に保護をして家の子にできるわけではない
出会ったら・・・知らん顔できないだけ

今回のことも
家族は知らない

仔猫がいた・・・ことは夫には話したけど
「ダメだよ~!」
そうだよねぇ・・・不況のあおりをまともに受けて
仕事もままならない状態で
これ以上家族は増やせない

それでも・・・・きっと保護できたならば
「本当に凛太郎にそっくりだね!」と言ったに違いない

ため息つきながら
可愛がったに違いない

今度生まれてきたときは
真っすぐ・・・・ウチにおいで
父ちゃんと母ちゃん・・・待っているからね



今回は写真ありません

たまちゃんの写真も2枚だけ・・・撮りました
この世に確かに存在した・・・という証に・・・・
でもやっぱり公開はできないなぁ

多分・・・生後4か月くらいの茶白虎猫のたまちゃんのこと
ちょっとだけ記憶にとどめておいてやってくださいね
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://yumeokiba.blog18.fc2.com/tb.php/741-e0f20bb1
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。