動物病院のご飯。お安く買えます    

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出来ること出来ないこと

2010年08月03日 09:39

暑い・・・暑さに負けて更新進まない・・・・←言い訳

どうしても
書いておかなくてはと思って・・・ずっと思って
でも、口に出すのもなんとなく怖くて・・・


mitiko
悩んだってどうにもならないでしょ

みち子さん・・・・3兄弟で刈谷の公園に捨てられていました。




ココに越してきてから
我が家の猫の額ほどの庭を猫が通り道にしていることに気付いた

最初は1匹・・だけだと思っていたんだけど
グレーの仔(ロシアンブルー系)と
グレーだけどちょっと色が混じっている子と2猫いた

ロシアン系の仔は割と綺麗で、若い
姿を見るのはまれ・・・だった(はず)
グレー混の仔はかなり年寄り・・・?口の中も悪そうで?缶詰しか食べられないかも?

2猫とも庭に貯めてある水(花用)を飲みにくる
グレー混の子はいつも沢山飲むし何度も来ることもあるし
ボロいし(笑)野良猫だと思っていた
近くの猫飼いさんに聞いたら
「グレーの仔はウチの子」と言ってたので
てっきり・・・ロシアン系の仔のことだと思っていた

そう・・・違ったんです

近所の仔は♂で「最近調子が悪くて缶詰しか食べられない」と言っていた
ロシアン系の仔・・・・は♀でした

もう、1か月くらい前かなぁ・・・最初に気付いたのは?
お隣の庭(大きい)で仔猫の鳴き声が時々していた
野良猫母さんが運んできたのかな・・・と、思っていた
でも姿を見せることもなかったし
声も聞こえなくなったので忘れかけていた

それが
1週間くらい前かな
突然庭に姿を見せた!
ロシアン系の仔が仔猫2匹連れて・・・・( ̄ー ̄;

( ̄△ ̄) !!どうするの??
内心焦ったけど逃げちゃうし・・・どうしようもない

その2日後・・・また庭に現れた
こんどは・・・なんと4匹の仔猫を引き連れている!!
どうするの??どすればいいの??σ( ̄。 ̄)っ!!

ジジババは「これ以上猫はいらないよ。ダメだから」
「これ以上増えたらご近所になんて言われるか・・・」


kota
ふぁぁ・・・・ま・・
これも何かの縁っちゅうやつやね

小太郎は奈々ちゃんと一緒に5匹で大阪の段ボールの中に捨てられていた


私だってわかってます
なんでも、かんでも保護して手を出していたら
キリがない
家庭崩壊になってしまう。やり出したらきっと止まらないから・・・私

悶々としながらも
ひょっとして、移動しようとしているのかも(密かに願う)
声をかけたら親子バラバラになっちゃう
その時は見るだけ・・・・またお隣の庭に入っていっちゃったけど

それ以後
母猫だけみたり
2匹の仔猫だけ連れていたり・・・

どうしたのだろう・・・・??

もともと綺麗な母猫だったので
どこかで餌を貰っていたはず
そこへ連れていったのかしら

少し離れた友人も
昨年、家で餌やりして避妊しようとしていた♀猫が突然仔猫を連れて戻ってきた
親子全員・・・合計5猫家に入れた。
そんな話をしていたから・・・・あの子も餌やりさんの家に行ったかな?
仔猫受け入れてもらえたかな?

母猫・・・といっても
若い。よく見るとまだ1才になっているかどうか・・・?
でも、一生懸命子育てして4仔猫大きく(と言っても標準より小さいな)を育てた

全部保護して
全員に里親さんを探してあげたい

rinshu
また・・・母ちゃんがなんか悩んでるらしい・・・

たまにはオイラにも美味しいもんを食べさせてやりたいとか?


凛太郎は我が家に来た最初の猫。みっちゃんと一緒に刈谷の公園出身

シュウ太郎(終太郎?)最後の猫・・・・かな。娘が当時勤めていた中川区の病院の近くで保護
野良猫母さんが移動中に見捨てた・・・・???





でも・・・あちこちで里親募集している数の多いこと

親猫はなんとか・・・・実家に持って行こうかとも思っているけど
老両親の心の支えになるか・・・手がかかれば負担になるし

仔猫は
先日あった友人にメールでお願いしておいた!!

この日記もきっと読んでくれているはずなので!!(読んでるよね??)
腹をくくっておいてねっ!!
頼むわっ!!

でも・・・多分・・・捕まらない

乳飲み子ならばすぐに捕獲できるけど
もう、自分で走って逃げられる
2~3カ月になっているはず

捕まえられたとしたら
多分かなり弱っている・・・・

ここ2日は姿も見えないし
声も・・・聞かない・・・(聞こえる気もするけど)

どうか・・・どこかで
無事に育っていて
ちゃんと避妊去勢の手術をしてもらって・・・・!!


tibi

源五郎(通称ちっち)は岐阜のある家の生け垣に2匹で捨てられていた
小町は知立でへその緒がついた状態で泥だらけの里芋と一緒に4匹で捨てられていた

誕生日がほぼ同じ頃のちっちと小町
とっても仲良しになりました(^^)v




同じ猫なのに・・・・運命はどこで別れるのだろう
母親がしっかり育てた野良猫の子は保護される確率が低いかも

ヒトの手で無情にも捨てられた命の方が・・・別のヒトの手ですくい上げられるのかもしれない

自分の子どもなのに虐待して命を簡単に奪ってしまう人間の親が最近多すぎる
人間だって動物だって・・・・命の重さは同じなのに
いつから、命ってこんなに軽くなってしまったのだろう?


スポンサーサイト


コメント

  1. ぽぽはは | URL | yZxzlliU

    決して無理しないでくださいね!

    おはようございます!堀尾です。
    お気持ちすごく良くわかります。
    でも無理なさらないでくださいね。
    もし保護された時は里親探し御協力します!
    ケセラセラ!

  2. たま | URL | -

    Re: 決して無理しないでくださいね!

    ありがとうございます!
    結局何も出来ないんですよ

    でも、書かないと自分の中でどんどん膨らんで
    どうしようもなくなる
    書いて吐き出して
    皆に慰めて貰う・・・情けない私です・・・とほほ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yumeokiba.blog18.fc2.com/tb.php/815-21aa7ad4
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。